How to 就職・転職 就職活動・転職活動の最初のハードル!?

「正社員を目指すぞ!」と思ったけれど、
その直後に「で、何からやったらいいんだ?」と
止まってしまう方も少なくないと思います。
このコンテンツはそんな就職意欲はあるけれど、
何から手をつけていいのかわからない方々に
上手に就職活動を進める方法をステップに分けてご紹介。
効率的に、そして満足できる就職のための入口として、
ぜひ、ご活用ください。

就職活動の基本5ステップ

  • STEP01自分を知る
  • STEP02相手を知る
  • STEP03求めていることを理解する
  • STEP04提供できることを整理する
  • STEP05履歴書・面接対策をする

STEP01自分を知る

就職活動を始めるにあたってまず向き合わないといけないこと、それは「自分を知る」ということ。

  • 自分の興味のある方向性は?ない方向性は?
  • 自分の強みは?弱点は?
  • 自分の価値観は?(「大切なこと」と「妥協できること」)

やり方は「自己分析」「心理テスト」「他者(友達)評価」などなど・・・。

「自分ってどんな人間?」を探るための手段は色々ありますのでやりやすいものを利用するということでいいと思います。大切なのはやり方よりも、「自分を自分なりにできるだけ分析する。」ということ。
自分をたな卸しして「自分のポイント」を整理することです。

STEP02相手を知る

「自分のポイント」がなんとなく見えてきたら、次にやるべきは「相手を知る=業界、企業を探す」です。

正社員就職に向けて「自分を知る」を丁寧にやることは大切ですが、そういう人に限って「私は●●業界の■■職がいい。あっている。」と決めすぎてしまう傾向があります。
「●●業界がいいが、職種はなんでもいい」「業界はなんでもいいが、■■職で働きたい」。
このくらいの基準のもとで多くの企業の情報に触れ、企業それぞれの個性に目を向けることからまずははじめましょう。

なお、多くの企業は各企業単位でオリジナルの「採用HP」というものでの情報提供を行っています。
そこには社員の方々のインタビューや会社の事業内容などをわかりやすくした情報などが載っていますので興味を持ったらそのサイトを見ることも大切です。

STEP03求めていることを理解する

就職活動で陥りがちな誤り、それは「自分を売り込むことの準備ばかりに目をむけてしまう」ということ。

当たり前の話ですが、みなさんがすすめる就職活動は企業からすると採用活動です。
採用する側には企業それぞれに採用の基準があり、企業として大切にしたい基準、そこまで大切ではないことが存在します。

前述した各社の採用HPには、そんな企業としての個性が感じ取れる情報もたくさん。
企業が人を採用するときに大事にしていることを想像する。
そして、自分の強みとマッチすること、自分には不足していることを把握することが大切です。

STEP04提供できることを整理する

前述のとおり、企業として大切にしていることがなんとなく把握できたら次にやるべきは「その企業に自分が提供できることはなんだろう?」を考えることです。

企業は経験を評価します。ただ、経験がなくても採用されるケースもたくさんあります。
それはなぜか。それはその人の将来性を評価しているからです。

正社員での採用は、いますぐ会社に貢献してくれる人を採るというだけでなく、将来きっと会社に貢献してくれると思える人を採るという考え方の企業も多く存在します。

あなたがいますぐ提供できること、いまは足りないかもしれないけれど、将来に向けて努力していこうと思っていること。「いま」「将来」それぞれの観点で提供できることを考えていくことが大切です。

STEP05履歴書・面接対策をする

履歴書(職務経歴書含む)は企業とあなたの最初の出会いです。
そして面接は企業とあなたのはじめての対面です。
履歴書で興味を持ってもらい、面接で評価してもらう。そのためにはいくつかの重視すべきポイント、テクニックが存在するのも事実です。

履歴書を単なる自分の経歴を書くものと捉えるのではなく、履歴書を見る人の立場になって書いてみる。
面接で企業が聞きたいのは、質問に対する答えだけでなく、ほかの思惑もある。
そんな履歴書、面接それぞれへの理解があなたの就職を後押ししてくれます。

この事業ではそんなノウハウを学ぶリアルなセミナーも多数開催中。
ぜひ、皆さん参加してみてください。

シェアする

  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • メールでシェア
当事業は厚生労働省の委託事業です。 to top